Daily Archives: 1月 2015



【YELLOWS PLUS】海外限定モデル「JESS」


YELLOWS-PLUS_1Brand : YELLOWS PLUS
Model : JESS
Col : BKS / 238 / 447
Price : 33,000yen(without tax)

コンティニュエリミテッド ジャパンブランドの逆輸入モデル

 

ブランドスタートから14年、日本国内に留まらず、ヨーロッパを中心とした国々からも高い評価を得ている【YELLOWS PLUS(イエローズプラス)】

YELLOWS-PLUS_extara

今シーズンのコレクションも昨シーズン同様、上品さや、優美さ、しとやかさを感じる事が出来るデザインが揃いました。その中からこちらでは、リミテッドアイテムをピックアップ。
コンティニュエではこれまでも、同ブランドとは様々なエクスクルーシヴなアイテムを展開していましたが、今回は海外限定モデル第2弾が登場です。
“逆輸入的”アイテムの「JESS」はイエローズプラスらしいクラシカルでシンプルな印象ながらも、フロント上部の直線的な線などから、どこか強さを感じる事ができるウェリントン型。同ブランドが考える男性的なシェイプとなっています。
ヨーロッパを中心とした海外のユーザーからも受けいれられる、デザインセンスと、日本ならではの繊細さで実直なつくりがあいまったエクスクルーシヴモデルです。

 
【Continuer】と【The PARKSIDE ROOM】の2店舗のみで限定販売。

 

CCI20150131また現在発売中の& Premiumでも上の海外限定モデル「JESS」と、巻頭ではEYEVAN 7285の「311」をご紹介いただいています。是非ご覧ください。

 

※商品に関するお問い合わせはWEBサイト内の [contact us]または、お電話にてご連絡ください。

 
 

◆YELLOWS PLUS 関連ページ
YELLOWS PLUS(イエローズプラス)のブランドページ
YELLOWS PLUS(イエローズプラス)その他のBlog記事
YELLOWS PLUS  Official Website
 



-Continuer Monthly Topics- <1月>

Monthly_topics

【Continuer】 -Monthly Hot Topics-<1月>
2015年をスタートしたコンティニュエの最新トピックスを紹介しています。ご興味あるキーワードなどあれば、是非チェックしてみてください。(各トピックスをクリックしてご覧ください)

 

Montyly_topics_201501

2015 1/5
2015年 通常営業スタート
2015 1/14
入荷情報<EnaLloid>etc..
2015 1/17
【ayame】入荷速報「SPIKE」「INSIGHT」
2015 1/18
【MASAHIROMARUYAMA】Exhibition開催
2015 1/21
【エリア情報】生活文化誌「疾駆/chic」第4号刊行記念 特別展示 −POST−
2015 1/23
【MASAHIROMARUYAMA】”2side” Collection


現在好評開催中の【MASAHIRIMARIYAMA】2side Exhibition
独自の路線を行くアイウェアブランドの、オリジナリティ溢れるコレクションは必見です。ご興味ある方は是非ご来店ください。

 

また株式会社Continuerでは引き続きスタッフを募集しておりますので、気になる方は詳細をご覧ください。
Recruit情報

寒い日が続いておりますが、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

スタッフ一同

 



【MASAHIROMARUYAMA】”2side” Collection

MM-0017_Col.No342000yen
Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0017
Col : 3
Price : 42000yen(without tax)

 

 

昨日よりスタートした【MASAHIROMARUYAMA(マサヒロマルヤマ)】の最新コレクション “2side”にスポットを当てたエキシビション。
これまで発表された過去のモデルの流れを汲みつつも、また新たなアプローチを試みた新作コレクションは必見です。下ではエキシビションの登場するモデルの1部をピックアップ。気になる商品などあれば是非ご来店いただき、実際に掛けてその独特なバランス感覚を味わってみてください。

 

 

【MASAHIROMARUYAMA】Exhibition “2side”

MM-0017_Col.No342000yen_2

 

 

最新コレクション”2side”とは
<inside and outside , left and right>
いつもは裏から見えていたものを表に配置する。組み立てのプロセスを再構築することにより、予期しない表情が生まれます。手で描いたラフデザインの要素をそのままに、進化してきたフレームの組み立てを自由に取り入れた再構築デザインの提案。デビュー以降「unfinished art(未完成のアート作品)」というコンセプトのもとに製作されてきた同ブランドのアイウェアは、独自の感性で進化する同ブランドの世界観が十二分に表現されたものとなっており、コンセプチュアルな打ち出しは今回も健在です。

 

 

MM-0017_Col.No442000yen

MM-0017_Col.No442000yen_2Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0017
Col : 4
Price : 42000yen(without tax)

 

 

MM-0017_Col.No242000yen
MM-0017_Col.No242000yen_2Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0017
Col : 3
Price : 42000yen(without tax)

 

 

MM-0015_Col.No145000yen
MM-0015_Col.No145000yen_2
Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0015
Col : 1
Price : 45000yen

 

 

MM-0015_Col.No245000yen_2MM-0015_Col.No245000yenBrand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0015
Col : 2
Price : 45000yen

 

 

MM-0015_Col.No345000yen
MM-0015_Col.No345000yen_2Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0015
Col : 3(ネイビー)
Price : 45000yen

 

 

MM-0014_Col.No242000yen
MM-0014_Col.No242000yen_2Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0014
Col : 2
Price : 42000yen

 

 

MM-0014_Col.No342000yen
MM-0014_Col.No342000yen_2Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0014
Col : 3
Price : 42000yen

 

 

MM-0014_Col.No442000yen
MM-0014_Col.No442000yen_2Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0014
Col : 4
Price : 42000yen

 

 

 

MM-0013_Col.No145000yen
MM-0013_Col.No145000yen_2Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0013
Col : 1
Price : 45000yen

 

 

MM-0013_Col.No245000yen
MM-0013_Col.No245000yen_2Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0013
Col : 2
Price : 45000yen

 

 

MM-0013_Col.No345000yen
MM-0013_Col.No345000yen_2Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0013
Col : 3(ネイビー)
Price : 45000yen

 

 

MM-0012_Col.No2_42000ye
MM-0012_Col.No2_42000ye_2
Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0012
Col : 2
Price : 42000yen(without tax)

 

 

MM-0012_Col.No3_42000yen
MM-0012_Col.No3_42000yen_2Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0012
Col : 3
Price : 42000yen(without tax)

 

 

MM-0012_Col.No442000yen
MM-0012_Col.No442000yen_2Brand : MASAHIROMARUYAMA
Model : MM-0012
Col : 4
Price : 42000yen(without tax)

 

 

デザインが左右非対称、ネジの位置が表裏異なるなど見れば見る程細かなギミックに驚かされるコレクション。もちろんMASAHIROMARUYAMAのコレクションは人が掛けることを前提としているので、見た目よりも掛けた時の顔馴染みは決して損ねません。コンセプチュアルであるが、奇抜ではない。そういったところも同ブランドの魅力だと思います。是非お試し下さい。

 

 

MASAHIROMARUYAMA Exhibition “2side”
2015.1.22(Thu) – 2.8(Sun)
@ Continuer

 

 

※イベント・商品に関するお問い合わせは、WEBサイト内の [contact us]またはお電話にてお問い合わせ下さい。

 

 

◆MASAHIROMARUYAMAの関連ページ
MASAHIROMARUYAMA(マサヒロマルヤマ)ブランドページ
MASAHIROMARUYAMA(マサヒロマルヤマ)その他のBlog記事
MASAHIROMARUYAMA Official Web Site

 

 



【エリア情報】生活文化誌「疾駆/chic」第4号刊行記念 特別展示 −POST−

ajaghfha.

 

今の時代にとっての豊かさの意味を考える生活文化誌「疾駆/chic」。POST」にて開催される最新号の発売を記念した特別展示とトークショーのご案内です。

 

第4号の特集は、世界遺産にも登録され、ますます注目を集める熊野。
聖地として古くから息づいてきた土地の魅力を、地域の歴史研究家、奥深い山中で修行を続ける修験者、熊野でへき地医療に従事する医師、蔵を引き継 できた酢の醸造職人、熊野を拠点に活動をするギタリストなど、多彩な人々の語りを通して伝えます。

 

期間中、疾駆/chicの連載で毎回鮮やかな花のアレンジを披露するŒUVRE(ウヴル)の田口さんが、“ŒUVRE STAND”としてPOSTに期間限定ショップをオープン。
これまで刊行されてきた「疾駆/chic」各号をイメージしたブーケも特別販売するとのこと。また、期間中、疾駆/chicをお買い上げいただいた方には、ŒUVRE特製の押し花もプレゼントされます。

 

特別展示最終日の1月25日(日)の18時からは刊行記念トークイベントも開催。ゲストは、BEAMS創造研究所・クリエイティブ・ディレクターの青野賢一さんと、小説家の戌井昭人さん。青野さん、戌井さんは、それぞれ疾駆/chic第3号、第4号の連載にも登場されています。
街歩きのこと、東京のこと、疾駆のことを、お二人の多彩な活動を通してお話を聞ける機会となっています。

 

生活文化誌「疾駆/chic」第4号刊行記念 特別展示
会期 2015年1月23日(金)〜25日(日)
会場 POST/limArt

 

トークイベント
日時 2015年1月25日(日)  18:15 – 19:30
開場 18:00/スタート 18:15
会場 POST/limArt
ゲスト 青野賢一 × 戌井昭人
司会 菊竹寛(疾駆/chic編集長)
参加費 1,000円(ワンドリンク付/当日会場にて現金のみ承ります)
※定員40名/要予約

 

ご参加出来る方は、是非「POST」にお問い合わせください。

 

また過去の特集号はコンティニュエでもご覧いただけます。
ご興味ある方はスタッフにお申し付けください。

 

ウェブサイト:http://chic-magazine.jp/

 



【MASAHIROMARUYAMA】Exhibition開催 1.22 (Thu) ~

MM_A1

 

コンティニュエが取り扱うブランドの中でも特異な存在感を放つブランド 【MASAHIROMARUYAMA(マサヒロマルヤマ)】の最新コレクション “2side”にスポットを当てたエキシビションを開催します。

 

◆MASAHIROMARUYAMAの関連ページ
MASAHIROMARUYAMA(マサヒロマルヤマ)ブランドページ
MASAHIROMARUYAMA(マサヒロマルヤマ)その他のBlog記事

 

 

 

 

 

 

 

MM_2side_image_1

 

 

【MASAHIROMARUYAMA(マサヒロマルヤマ)】のコレクションは、手で描いたラフデザインの要素をプロダクトに落とし込むことで生まれる独創的な造形は、唯一無二の世界観を創り出します。
今回は最新コレクション《2side》6型を中心に豊富なバリエーションで紹介するエキシヴィジョンを1/22(木)− 2/8(日)まで開催。コンティニュエでは、年明けの恒例イベントにもなっている同ブランドのエキシビションですが、コレクションを重ねるたびにファンを増やしています。

 

 

MM_2side_image_2

 

<inside and outside , left and right>
いつもは裏から見えていたものを表に配置する。組み立てのプロセスを再構築することにより、予期しない表情が生まれます。手で描いたラフデザインの要素をそのままに、進化してきたフレームの組み立てを自由に取り入れた再構築デザインの提案。デビュー以降「unfinished art(未完成のアート作品)」というコンセプトのもとに製作されてきた同ブランドのアイウェアは、独自の感性で進化する同ブランドの世界観が十二分に表現されたものとなっており、コンセプチュアルな打ち出しは今回も健在です。

 

 

MM_2side_image_4

 

もちろんMASAHIROMARUYAMAのコレクションは人が掛けることを前提としているので、見た目よりも掛けた時の顔馴染みは決して損ねません。コンセプチュアルであるが、奇抜ではない。そういったところも同ブランドの魅力ではないでしょうか。手に取って、掛けて、その独特なバランス感覚を味わってもらえればと思います

 

MASAHIROMARUYAMA Exhibition “2side”
2015.1.22(Thu) – 2.8(Sun)
@ Continuer

 

 

 

 

MM_2side_image_3

 

後日アイテムの詳細をアップロード。
是非ご注目ください。

 

 

※イベント・商品に関するお問い合わせは、WEBサイト内の [contact us]またはお電話にてお問い合わせ下さい。

 

 

◆MASAHIROMARUYAMAの関連ページ
MASAHIROMARUYAMA(マサヒロマルヤマ)ブランドページ
MASAHIROMARUYAMA(マサヒロマルヤマ)その他のBlog記事
MASAHIROMARUYAMA Official Web Site