category archives: NATIVE SONS[ネイティブ サンズ]



【Native Sons】Recommended metal frames.

ns_image_1

コンティニュエでお探しの方が徐々に増え続けている印象の「メタルフレーム」。重量も軽く、かけた際もクリーンな印象になるものが多く人気が高まっています。

 

Native Sons / ネイティブ サンズ】は【NEIGHBORHOOD】の滝沢伸介氏と、かつて【DITA】のクリエイティブディレクターなどを経て現在はコンティニュエでも取り扱いのある【MAX PITTION】のデザインなどをでがけるトーマス・オガラ氏がタッグを組み活動しているドメスティックブランド。

 

重厚感のあるセルフレームや、ティアドロップのメタルサングラスのイメージを持たれる方も多い同ブランドですが、メタルフレームも人気があります。丸みを帯びたチタン素材で構成されるフレームは、柔らかい表情と少し無骨な雰囲気も併せ持つ新鮮なバランスに仕上がっています。現在コンティニュエでは欠けていたモデルやカラーが再入荷し、バリエーションが充実しています。

 

ns_4

Brand : Native Sons
Model : Seeger
Col:Aged Silver
Price : ¥36,000(税抜)

 

ns_7

 

ns_1

Brand : Native Sons
Model : Roy
Col:Satin Black
Price : ¥36,000(税抜)

 

ns_6

 

 

ns_3

Brand : Native Sons
Model : Winston O’B
Col:Rose Gold
Price : ¥36,000(税抜)

 

 

ns_8

 

 

ns_2

Brand : Native Sons
Model : Chino
Col:Aged Gold
Price : ¥36,000(税抜)

 

ns_5

シンプルな仕様だけに玉型の違いだけでバリエーション豊富な仕上がりになっており、かけた際の印象ももちろん全く変わるのが面白いところ。なかなかこれまでになかった数のフレームが店頭に並んでおりますので、ぜひかけ比べてみてください。

 

商品に関するお問い合わせは、WEBサイト内の [contact us]またはお電話にてお問い合わせ下さい。※これらの商品は吉祥寺の姉妹店【The PARKSIDE ROOM】でも一部展開がございます。在庫状況はお問い合わせください。



【Native Sons】Recommended models, 『Ryder』『John Q』『Thompson』.

スクリーンショット 2016-08-28 18.37.15

【NEIGHBORHOOD】の滝沢伸介氏と、【DITA】のクリエイティブディレクターだったことなどでも知られるTomas Ogara氏が共同でデザインするブランド【Native Sons/ネイティブ サンズ】。

 

先日ご紹介した別注モデルのようなミニマルな雰囲気のメタルフレームも得意としていますが、いかにもアメリカのカルチャーを色濃く反映したサングラスは同ブランドらしい雰囲気が満載です。海外で著名な俳優が着用したことからここ最近は国内外問わずお問い合わせの多いモデル『Ryder』などが再入荷し、新たに色違いやサイズ違いも揃いました。ホームページ内の《New arrival》ページにアップしていますのでぜひご覧ください。

 

商品に関するお問い合わせは、WEBサイト内の [contact us]またはお電話(03-3792-8978)にてお問い合わせ下さい。

 



【Native Sons】Exclusive color (4月23日発売)

NS_WINSTONO'B_WG_img

クラシックをベースとした力強いシェイプや、ディティールへのこだわりから着実にファンを増やしているブランド【Native Sons】。今シーズンのエクスクルーシヴ・カラーがコンティニュエにて23日から発売です。

 

NS_WINSTONO'B_WG

Brand : Native Sons
Model : Winston O’B
Col : White Gold (Limited Color)
Price : 36,000yen(Without tax)

 

ベースにしたモデルはパント(丸)型をベースにティアドロップの要素をプラスしたモデル『Winston O’B』。繊細さを感じさせる細身のメタルフレームと、力強さも感じさせるシェイプやテンプルに施された意匠が小ぶりなサイズ感と相まって新鮮なバランスに。

NS_WINSTONO'B_WG_2

NS_WINSTONO'B_3

また『White Gold』は文字通り黄色味を抑えた柔らかいゴールドカラーで、肌馴染みも良く、男性女性問わずお使いいただきやすいカラーです。表面にはツヤ消しのシャーリング加工を施しているので単調ではない、深みのある雰囲気に仕上がっています。

 

限られた数量での生産となっておりますので、店頭でお試しください。

 

※商品に関するお問い合わせは、WEBサイト内の [contact us] またはお電話にてお問い合わせ下さい。



【Native Sons】Limited Color

NS_Seeger_AS_36000yen_1

クリエイティブな感性から生まれるデザイン性と、信頼性のおける質の高い実直な作りがContinuerでも人気の【Native Sons】より、数量限定のリミテッドカラーが入荷しています。

◆Native Sons 関連ページ
Native Sons(ネイティブ・サンズ)のブランドページ
Native Sons(ネイティブ・サンズ)その他のBlog記事

モデルはContinuerでも以前に別注カラーを製作して人気を呼んだシンプルなラウンド型の「Seeger」とボストン型をアレンジしたようなオリジナリティあるデザインの「Roy」。

他ブランドに比べ適度に肉厚で丸みのあるリム線が特徴的なメタルフレームになっており、またメタルフレームの質を左右するメッキのクオリティが高いのも特徴のひとつです。今回はブランドでも少量しか製作していない「アンティークシルバー」が入荷。インダストリアル・デザイン・レボリューションを掲げる同ブランドならではのクラシックとはまた異なる趣のアイウェアになっています。

NS_Seeger_AS_36000yen_2NS_Seeger_AS_36000yen_3Brand : Native Sons
Model : Seeger
Col : Antique Silver
Price : 36,000yen(Without tax)

NS_ROY_AS_36000yen_1NS_ROY_AS_36000yen_2Brand : Native Sons
Model : ROY
Col : Antique Silver
Price : 36,000yen(Without tax)

「ROY」はサングラスVerも少量入荷。メンズライクな仕上がり。

NS_ROY_SG_AS_36000yen_1NS_ROY_SG_AS_36000yen_2Brand : Native Sons
Model : ROY SG
Col : Antique Silver
Price : 37,000yen(Without tax)

※商品に関するお問い合わせはWEBサイト内の [contact us]または、お電話にてご連絡ください。

◆Native Sons 関連ページ
Native Sons(ネイティブ・サンズ)のブランドページ
Native Sons(ネイティブ・サンズ)その他のBlog記事



【Product Page】更新「Native Sons」「OLIVER PEOPLES」「ayame」…

_マックス・ピティオン---Continuer-恵比寿-1

Continuer Websiteではご覧いただいているBlog Pageの他にも、各ブランドを紹介しているProduct Pageでアイテムを紹介しています。
 

Blogでは紹介しきれない、各ブランドのアイテムの1部を掲載していますので、お探しのブランドやモデルなどがあれば是非そちらもご覧ください。

また掲載モデルはブランドの1部ですので、カラー違いや、他のモデルなどをお捜しの方はお気軽にメールやお電話などでお問い合わせください。
 
今回、取扱いから時間が経ってしまいましたが、【MASUNAGA G.M.S】【MAX PITTION】【Native Sons】【megane and me】のプロダクトページがアップロードされました。
またその他【OLIVER PEOPLES】や【ayame】【YELLOWS PLUS】【Bobby sings standard,】なども追加更新されました。
チェックしてみてください。

 

mainphoto034
MASUNAGA G.M.S Click!
【増永眼鏡】その歴史は、明治38(1905)年、創始者・増永五左衛門(増永眼鏡初代)の手によって幕を開けました。
以来、増永眼鏡は、産地の旗手として理想のメガネフレームを追求し、徹底して品質と技術の向上に努め、常に自社ブランドの商品作りに磨きをかけてきました。
創業より100年以上の時を経た現在でも、素材開発から最終仕上げまでの一貫生産にこだわり続ける姿勢は、変わっておらず、今では海外からも高い信頼を獲得している。
そんな増永眼鏡のオリジナルブランドのひとつが【MASUNAGA G.M.S】。
シンプルなデザイン性と精巧な技術が結集したジャパニーズアイウェアブランド。

 

mainphoto032
MAX PITTION Click!
ブランド名でもある【MAX PITTION<マックス・ピティオン>】は、1921年、フランスアルプスの南ジュラにある小さな町オヨナにて生まれる。
シルモ・パリ国際眼鏡見本市(SILMO)」の創設メンバーの一人となるほどアイウェア業界に多大な影響を与えた人物だった。
2009年1月4日にオヨナにて、87歳でこの世を去ったが、没後4年となる2013年に、マックスへの尊敬の念と追悼の意味を込めてブランドが再スタート。
グラミー賞ギタリスト、ジョン・メイヤーと様々なブランドのアイウエアデザイン等を手掛けるThe LIGHT Co.Ltdのタミー・オガラがタッグを組み、復活を果たす。
当時のデザインをリプロダクトするかたちで再リリース。ヨーロッパヴィンテージを思わせる重厚かつエレガントな香りを漂わせる仕上がりで、他ブランドにないオリジナリティのある魅力を感じさせる。

 

mainphoto033
Native Sons Click!

ネイティブ サンズは元DITAのクリエイティブ デザイナーとしてキャリアを積んだTommy Ogara氏とNEIGHBORHOODの滝沢 伸介氏が共同でデザイン、ディレクションを務めるアイウェア・アクセサリーブランド。
ブランド名の由来は幾年にも続き、今を生きる人々を導き続けている「流れ」を創り、クリエイティブな生き方(ライフスタイル)を貫いた先人達へのリスペクトから来ている。
最高品質の材料だけを厳選し、手作業によってつくられる、シンプルかつ、こだわりぬかれたディティールのアイウェアは、流行に捉われることを拒否しているかのような、芯のある武骨なアイテムに仕上がっている。コンセプト・デザイン・ディテール、それぞれに抜かりのない完成度の高いプロダクト。

 

mainphoto031
magene and me Click!

デザイナーの塚越清香氏は美術大学を卒業後、眼鏡会社に就職しそこで様々な眼鏡に関する知識・技術を培う。
そこで彼女は掛けたい眼鏡がないことに気づき、自身のブランドを立ち上げる。
テーマは「Tokyo pop eyewear」。
デザインは東京で行なわれ、製造は日本が誇るメガネ産地・鯖江にて、丁寧にハンドメイド。
ポップなデザインとは対照的に、伝統的な昔ながらのメガネのつくりかたを用い、素材には日本の高品質なアセテートが使われている。

_アヤメ|眼鏡(メガネ)・サングラス-Continuer-恵比寿-1

コンティニュエには続々と各ブランドから旬なアイテムが入荷中です。
花粉対策としてメガネやサングラスをお探しの方も増えてきました。

是非ご来店をお待ちしております。