ayame [アヤメ]



【ayame Limited Store 2018 】”SMALL TALK”

 

【ayame】Limited Store 2018
at Continuer Extra Space
Date.2018.5.17<THU>−2018.-6.3<SUN>
http://www.continuer.jp/extra/event.php

 

“SMALL TALK”
リミテッド・ストア開催中にちょっとだけデザイナーの今泉悠さんとayameの事おしゃべりしました。

 

-以下-
(I)Yu Imaizumi  -ayame Designer-
(C)Shigeyuki Nemoto  -Continuer Press-

 

 

 

 

 

 

 

(C)
今回のイベントでは店頭に3日間も立って接客していただいたり、何よりayame初の企画としてアイウェアのカスタムオーダー「FOCUS id」をこのエクストラ・スペースでお披露目していただきありがとうございました。来店してくださったお客様も純粋にアイウェア選びを楽しんでいた様子で、僕らとしてもすごく楽しめています。

 

(I)
元々直営店を持っていないブランドなので、直接声を聞けたり感覚を共有できることはとても貴重な経験ですし、何より実際に初めてサングラスを作るというお客様の接客も出来て楽しかったですね。

 


<Custom Order sample>
Mod. FOCUS id
Col.(Metal)Gold /(Front)CLEAR(Temple)DEMI / (Nose pad)CLEAR(Lens)TURQUOISE BLUE

 

<Custom Order sample>
Mod. FOCUS id
Col.(Metal)SILVER /(Front)CLEAR GREY(Temple)MAT BLACK / (Nose pad)MILKY WHITE(Lens)CLERA

 


<Custom Order sample>
Mod. FOCUS id
Col.(Metal)Gold /(Front)PINK(Temple)PINK / (Nose pad)CLEAR(Lens)PINK

 

(C)
今後もこのユニークな「FOCUS id」は継続したayameの企画になりそうですか?

 

(I)
今回初めての試みだったということと、おかげさまで初日から好評で、パーツにも限りが出ているので、当分の間出来ないというのが本音です。そんなリミテッドな企画を、今回のコンティニュエで行う「リミテッド・ストア」のみで実現出来て良かったと思っています。

 

(C)
こちらこそありがとうございます。打ち合わせさせてもらった時に、一番は「アイウェア選びを楽しんでもらう」をテーマにしたので、そこを実現できて良かったですね。

 

(I)
アイウェアという分野においては、ありそうであまりない企画ですしね。また別注してもらったホワイトとシルバーのFOCUSも良かったですよ。最初オーダーもらった時は、この組み合わせ大丈夫かな??と思いましたが笑。すごく絶妙なバランスの配色でクールな仕上がりになりましたね。

 


ayame for Continuer
Mod. FOCUS
Col.SLWH

 

(C)
ありがとうございます。Continuerとしてはよりファッション性を意識して、今回はピュアな「ホワイト」と改めて新鮮なシャーリングシルバーをベースにしたので、好きなカラーレンズと合わせて、自由に楽しんでもらいたいです。

 

 

 

 

(C)
そういえば聞いたことなかったのですが、こんなにたくさんのデザインの中で今一番気に入っているモデルとかってあったりするのですか?

 

(I)
もちろん今回のリミテッド・ストアの目玉である「FOCUS」は、ayameの中でも”安定感”のあるデザインで気に入っていますが、今現在でというのに限れば、「BROWER」というモデルですかね。このモデルに関してはデザインをデータで落とし込んだ2次元の状態から、3次元の立体物になった時の違和感がほとんどなかった。自分としては女性の方をイメージして、柔らかな表情というよりは、芯のある「凛」とした表情のメガネを作りたいと思っていた中で、かなり理想のディテールとシェイプになりましたね。

 


Mod. BROWER
Col.B/C

 

 

 

 

 

 

(C)
−それと”デザイン”ということにおいては、どういった事を意識しているのでしょう??−

 

(I)
自分自身これまでデザインをやっていく中で改めて感じることは、奇抜であったり、見た目のインパクトが強すぎるプロダクトはやはり自分にとっては抵抗があると感じました。意識的にファッション性を強くするというよりは、きちんとした”道具”である事を目指しています。その中でも抽象的な言い方をすれば、”ライフスタイルに寄り添う”のではなく、”パーソナルに寄り添う”といったニュアンスの方が近いかなという感覚です。

 

(C)
ayameのメタルフレーム「MANRAY」というモデルもそういった感覚ですね。

 

(I)
「MANRAY」は確かに、人(パーソナル)が掛ける時の機能美を追求できたプロダクトになりました。

 

(C)
あとはどこに個性を出していくか??ということに関しては??

 

(I)
自分としてはアイウェアデザインは”ちょっとデザインする”という感覚で良いと思っています。

 


Mod.MANRAY for Continuer
Col.BZ

 

 

 

 

(I)
今日を除いてあと2日あるリミテッド・ストアですが、楽しかったんでまた来年もやりたいですね。

 

(C)
ブランドさんからそう言っていただいて光栄です。ありがとうございます。来年も同じ時期に開催するとしたら、2019年の初夏はどんな気分になっているでしょうね。企画もパワーアップさせてぜひ実現させたいですね。

 

 

【ayame】Limited Store 2018
at Continuer Extra Space
Date.2018.5.17<THU>−2018.-6.3<SUN>

 

http://www.continuer.jp/extra/event.php

 



【ayame】Spring / Summer Collection 2018

 

 

連日たくさんの方にご来店いただいている〈ayame Limited Store〉。今回はエクストラ・スペースで展開中の【ayame / アヤメ】の新作をご紹介します。

 

 

Brand: ayame
Model: ARTHUR
Col:BK, HV
Price: ¥33,000 (+TAX)

 

 

Brand: ayame
Model: AROUND
Col:ABR
Price: ¥33,000 (+TAX)

 

 

また今シーズンは【ayame】のアイコン的モデルといえる「GENERAL」に新色が登場しています。クリアブラウンとクリアピンクの2色が追加となり、より多くのカラーバリエーションから好みの色を選べるようになりました。

 

 

Brand: ayame
Model: GENERAL
Col: CPI, LBR
Price: 33,000 (+TAX)

 

 

メタルフレームにも新型が2モデル登場。「MANRAY」「GMS」のリリースから続いてきたマンレイ山のパーツではなく、ヴィンテージライクなブリッジとノーズパッドを新たに開発・採用した、注目のモデルとなっています。

 

 

Brand: ayame
Model: OLDSTAR
Col: Antique Silver
Price: 38,000 (+TAX)

 

 

Brand: ayame
Model: OLDSTAR
Col: Antique Gold
Price: 38,000 (+TAX)

 

 

Brand: ayame
Model: OLDSTAR
Col: White Gold
Price: 38,000 (+TAX)

 

 

 

モデル名は、【ayame】の初期からのフアンならピンとくるであろう「OLDSTAR」。長モダンや乳白のノーズパッドなど、当時の雰囲気がどことなく残るところに魅力を感じます。

 

 

Brand: ayame
Model: LAKETAJO
Col: Silver, Pink Gold
Price: 34,000 (+TAX)

 

 

 

スタイリスト・熊谷隆志氏とのコラボレーションアイテム。半月型のシェイプをとった、王道的なリーディンググラス。こちらも彫金に重厚感があり、美しいディテールに目を奪われます。

 

 

*店頭に並んでいる「OLDSTAR」「LAKETAJO」はそれぞれサンプルとなり、現在ご予約を承っているかたちとなります。何卒ご了承ください。

 

 

ayame Limited Store〉は6月3日(日)までの期間、Continuer Extra Spaceで開催中。ぜひお立ち寄りください。「FOCUS id」のカスタムオーダーも引き続き承っております。

 

 

【ayame】Limited Store 2018
at Continuer Extra Space
Date.2017.5.18<THU>−2018.-6.3<SUN>

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせは、WEBサイト内の [contact us]またはお電話にてお問い合わせ下さい。

 

 



《Continuer 15th ANNIVERSARY FAIR》

【Continuer】は今年1年間を通じて15周年イヤーと位置づけて年間を通し様々なブランドやクリエイターの方々と一緒に多種多様なイベントを開催してきました。今回はそんな15周年イヤーの締めくくりとして、12月2日(土)〜30日(土)までの期間、《Continuer 15th ANNIVERSARY FAIR》を開催。皆さまへの感謝の気持ちとスペシャルなアイテム、そしてカルチャーをお届けする機会を設けました。これに伴い、【Continuer】でも人気の高いブランドからリミテッドなコラボレーションアイテムを複数型発表。また隣接するイベント兼ショップスペース【Continuer Extra Space】で、過去最大級のラインナップが集う《VINTAGE OMEGAFAIR》を12月9日(土)〜25日(月)まで開催します。さらに、12月10日(日)には、初のラジオプログラムも「J-WAVE」から放送予定。

 

※通常水曜日は定休日をいただいておりますが、12月は例年通り30日まで休まず営業いたします。

 

 

《Collaboration eyewear》

記念のコラボレーションを行ったのは5つのブランド。以前もご紹介しているコンセプチュアルなデザインに定評のある【MASAHIROMARUYAMA】と製作した15のバリエーションそれぞれ1本ずつという超リミテッドなアイウェアに加え、ショップとも関わりの深い英国老舗ブランド【Oliver Goldsmith】の名作メタルフレーム「CHARLES」の別注カラー、ドメスティックブランドの雄【ayame】【YELLOWS PLUS】には、人気のコンビネーションフレームにネイビーを基調とした別注色を依頼。さらに日本を代表する鼈甲眼鏡の工房である【大澤鼈甲】と本鼈甲製のコラボレーションアイウェアを製作。充実したラインナップで15周年イヤーの締めくくりを飾ります。

 

 

<写真右上から時計回りに>
【YELLOWS PLUS for Continuer 15th ANNIV.】
Mod.OLIVER  Col.485  ¥33,000 (+TAX)
【大澤鼈甲 / Continuer】
Mod.PNT Col.茨甲エックス  ¥720,000 (+TAX)
【Oliver Goldsmith for Continuer15th ANNIV.】
Mod.CHARLES  Col.PR  ¥40,000 (+TAX)
【MASAHIROMARUYAMA forContinuer 15th ANNIV.】
Mod.Square 1/5  Col.Gold  ¥75,000 (+TAX)
【ayame for Continuer 15th ANNIV.】
Mod.HEX  Col.RGNV  ¥40,000 (+TAX)

 

《大澤鼈甲 / Continuer》

またそんなコラボレーションアイウェアの中でも、15周年を機に新たに立ち上げたプロジェクトが【/(スラッシュ)コンティニュエ】。本企画は、ブランドの持つスタイルをベースとした所謂「別注」とは異なり、様々なファクトリーや作り手とモノづくりに踏み込んだ形でコラボレーションをしていくプロジェクト。記念すべき第一弾として、文京区千駄木に工房を構える先にご紹介した【大澤鼈甲】とアイウェアを製作しました。眼鏡の歴史ある素材であり、その光沢と肌に当たる質感が素晴らしい鼈甲素材へのリスペクトから、大澤鼈甲の代表・大澤健吾氏に相談。全体のイメージ、玉型、素材の柄の組み合わせなど、ゼロからの製作が始まりました。玉型はエッジを効かせた上部のラインとブリッジの張り出しが特徴的な「クラウン(CRW)」、男性だけでなく女性にも身につけていただきたいという思いから目尻のラインに抑揚をつけることで特徴をだした「パント(PNT)」の2型。鼈甲素材のもつ奥深くなめらかな色合い、身につけた際の肌馴染み、存在感。全てを備えたプレシャスなアイウェアに仕上がっています。

 

 

【大澤鼈甲 / Continuer】
Mod.CRW  Col.黒並甲  ¥600,000 (+TAX)
Mod.PNT Col.茨甲エックス  ¥720,000 (+TAX)

 

《VINTAGE OMEGA FAIR》

【Continuer Extra Space】では15周年フェアに合わせ、12月9日(土)から25日(月)まで、《VINTAGE OMEGA FAIR》と題し、常時扱っているヴィンテージの【OMEGA】の時計を豊富に展開するイベントを開催します。名品の多い「Seamaster」「Constellation」などはもちろん、これまで展開のなかったモデルや、14金ケースを採用したモデルなどが揃います。【OMEGA】はその創業の歴史を辿ると1848年にまで遡る、非常に伝統のあるスイスのブランド。腕時計が大きく発展した20世紀に精度の高い時計、機能性に優れた製品を次々に発表し、時計ブランドとして確固たる地位を築いています。これまでに発表された名品は数多く、その完成度は現在でも稼働するヴィンテージの個体が多いことからも読み取れます。今回は多くの名作の中から【Continuer Extra Space】のフィルターを通し、様々なスタイリングに合わせてお使いいただける50〜60年代のドレスウォッチを中心にご提案します。

(写真)VINTAGE OMEGA 40〜60年代  ¥168,000〜¥260,000 (+TAX)

 

 

また小ぶりなレディースモデルも普段より多くのバリエーションをご用意。写真左側のように、風防にカットガラスを採用することでよりエレガントさを演出しているモデルや、右側のモデルのように革紐のベルトを装着したものも、改めてファッション的観点から見ても新鮮です。ぜひ店頭でご覧ください。

 

 

《J-WAVE SELECTION “Continuer my favorite things”》
2017.12.10 <SUN> 22:00〜22:54 ON AIR

さらに15周年企画のひとつとして、「J-WAVE」で【Continuer】のラジオ番組が放送されます。今回製作した番組のコンセプトは、いつものJ-WAVEのスタジオを飛び出し【Continuer】からカルチャーコンシャスなリスナーに送る、”ラジオ版セレクトショップ”。今回J-WAVEに一夜限りでオープンを果たすセレクトショップのオーナーは、ショップにゆかりのあるミュージシャンである長岡亮介さん。「ペトロールズ」のフロントマンとしてご活躍されており、過去にContinuerでもストアライブも開催していただきました。今回ラジオプログラムで、【Continuer】をテーマにセレクトした「お気に入りのもの = my favorite things」を、時にはモノローグで、時にはゲストを迎えて語りながら、大人のためのライフスタイルを提案していただきます。オンエアーは12月10日(日)の22時から。ぜひご視聴ください。

 

長岡 亮介(ながおか・りょうすけ)|1978年生まれ
神出鬼没の音楽家。ギタリストとしての活動の他に楽曲提供、プロデュースなど活動は多岐にわたる。「ペトロールズ」の歌とギター担当。

 

 

なお、2017年12月2日(土)〜30日(土・年内最終営業日)までのフェア期間中、店頭でお買い物いただいた方には15周年記念品もプレゼント。以上のような内容でお届けするContinuer 15周年特別企画。今のContinuerが内包する気分を皆様に提案できればと思います。

 

年内最終営業日の30日(土)まで12月は休まず営業いたしますので、皆様のご来店お待ちしております。

 

 

《Continuer 15th ANNIVERSARY FAIR 》
会場/Continuer
会期/2017年12月2日(土)から12月30日(土)まで

 

《VINTAGE OMEGA FAIR》
会場/Continuer Extra Space (Continuer隣)
会期/2017年12月9日(土)から12月25日(日)まで

 

《J-WAVE SELECTION “Continuer my favorite things”》
On air : 2017.12.10<SUN>  22:00〜22:54



【ayame】2017-18 A/W NEW COLLECTION 新作のご紹介

 

 

ayame / アヤメ】から、2017年12月から2018年1月にかけて入荷する予定の新作の秋冬コレクション。ブランドのフアンの方のなかには、ニューモデルのリリースをお待ちになっている方も多いと思います。

 

 

そこでコンティニュエでは、ブランドにご協力いただき、11月2日(木)から12日(日)までのあいだ、新作のサンプルをほぼフルバリエーションで店頭にご用意することができました。実際の入荷に先駆けて、いち早くご試着いただけるとともに、ご予約や入荷連絡を承ることができます。

 

 

こちらのブログではニューコレクションの一部をご紹介します。

 

 

 

先日もご紹介した肉厚な生地のセルフレーム「REC」と、縦幅の深いモデル「KITTY」。要所要所で、エッジを立たせたり、丸みを持たせたりしながら、ヨーロッパのアイウェアのような大人の艶っぽさを演出したディテールは、これまでの【ayame】には見られなかった新しい試み。

 

 

 

リリース以降、非常に高い人気を誇り、またコンティニュエザ・パークサイド・ルームでも別注カラーを制作いただいた経緯をもつ「SIPPOU」。今回のコレクションでは、トップバーがロウ付けされたアビエイタータイプの「SIPPOU AV」として登場します。

 

 

 

また、今回は生地のカラーにも特別な注意を払ったそうです。なかでもクリア系のセルフレームは秀逸な仕上がり。写真は、三点のカシメ鋲が印象的な「DFR」とブロータイプのアイウェアをセル生地だけで再現したようなデザインの「BROWER」。

 

 

 

色にこだわった今回のコレクションでは、サングラスのレンズカラーもオリジナルで開発。発色のいいブルーやグリーンが際立ちます。

 

 

 

 

いずれのモデルも、これまでの【ayame】らしさを残しながら、デザイナーの今泉悠 氏が時間をかけて温めてきたものづくりの構想を集約したものとなっています。「装飾的な要素を排し、つくりたいもの、使いたいもの、をシンプルに考え直したら今回のコレクションが出来上がった」というデザイナーの言葉どおり、プロダクトのニュートラルな雰囲気を活かしながら、厚みに抑揚をつけるなど要所で同ブランドのエッセンスを加えることで、実際に使用したい、手元に置いておきたい、と感じさせるアイウェアが誕生しました。

 

 

冒頭でもお知らせしましたが、11月2日(木)から12日(日)までの期間、上記の新作モデルのサンプルをほぼフルバリエーションでご用意しています。入荷後すぐに完売してしまうケースが多々あるブランドなので、この機会にぜひご覧ください。またご予約を承ることで、オーダーいただいた分を確実にお渡しすることができます。詳しくは店頭のスタッフにお声がけください。

 

 

 

 

商品に関するお問い合わせは、WEBサイト内の [contact us]またはお電話にてお問い合わせ下さい。

 

 



【ayame】New Arrival.

 

 

コンティニュエでもお問い合わせの絶えないブランドのひとつ【ayame / アヤメ】から、これまでにありそうでなかった質感の新型が入荷しています。

 

 

Brand: ayame
Model: REC / U
Col: BK
Price: ¥33,000(税抜)

 

 

Brand: ayame
Model: REC / U
Col: DM
Price: ¥33,000(税抜)

 

 

なだらかな曲線と、ふっくらした厚みのあるセル生地がヨーロッパのヴィンテージアイウェアを彷彿とさせるモデル「REC / U」。カシメ鋲も見せず、飾りもない仕様でフロントパーツを仕上げることで、主張のあるセルフレームながらもシンプルでクセのない印象に仕上がっています。

 

 

 

「REC / U」は厳密には二つのバリエーションがあります。こちらはブリッジ部分の立ち上がりを抑えめに仕上げたタイプ。

 

 

 

一方、ブリッジを強く前に押し出したようなシェイプで立体感を強調しているのがこちら。モデル名の刻印「REC / U」の「U」の文字が天地逆さまになっているところに、デザイナーのユーモアと、このモデルにこめたこだわりが伝わってきます。

 

 

頑強な七枚蝶番を採用した点も、肉厚なフレームを得意とするヨーロッパのアイウェアへの【ayame】なりの憧憬を感じさせるポイント。

 

 

 

 

MANRAY」や「SIPPOU」、「GENERAL」といった細身のメタルフレームやコンビネーションフレームを得意としてきたブランドによる、新しい試みの一環。初めての方にはもちろん、すでに【ayame】のアイウェアをお持ちのかたにもぜひお試しいただきたいモデルです。

 

商品に関するお問い合わせは、WEBサイト内の [contact us]またはお電話にてお問い合わせ下さい。