Continuer Inc.

EN

GMS-999A 縄手 - K18

¥ 426,800(税込)
¥ 388,000(税抜)
お問い合わせ 在庫・他のカラー・通信販売などの問合せ
  • COLOR 18K
    SIZE 47□21-110
取扱い店舗:CONTINUER NIHOMBASHI|日本橋
 
ABOUT THIS BRAND
MASUNAGA since 1905 / マスナガ・シンス・1905
【増永眼鏡】その歴史は、明治38(1905)年、創始者・増永五左衛門(増永眼鏡初代)の手によって幕を開ける。以来、増永眼鏡は、産地の旗手として理想のメガネフレームを追求し、徹底して品質と技術の向上に努め、常に自社ブランドの商品作りに磨きをかけてきました。創業より100年以上の時を経た現在でも、素材開発から最終仕上げまでの一貫生産にこだわり続ける姿勢は変わっておらず、今では海外からも高い信頼を獲得しています。   そんな増永眼鏡のオリジナルブランドのひとつが【MASUNAGA G.M.S】。シンプルなデザイン性と精巧な技術が結集したジャパニーズアイウェアブランド。コンティニュエでは、昭和天皇献上品モデルの流れを汲む、18金を使用した究極のクラシックともいえるラグジュアリーなメタルフレームなども展開しています。   ※こちらでは店舗で取り扱っている商品の一部を掲載しております。お探しのモデルなどが掲載されていない場合などもCONTACTお電話などでお問い合わせください。  
Luxury Eyewear / ラグジュアリーアイウェア
コンティニュエでは、厳選された天然素材を使ったフレームや18金を使用した眼鏡フレームも取り扱っています。天然素材や金素材でしか生み出すことのできない繊細で上品な質感が最大の魅力です。 18金フレームは、日本における眼鏡産業の礎を築いた『増永眼鏡』の歴史とプライドが作り出した秀逸なフレームです。18カラットのG.M.S.999シリーズは、1933年9月、昭和天皇が福井県を訪れた際に、記念品として献上されたフレームを元に、増永眼鏡創設100周年を機に現代版としてリメイクしたコレクション。その後のプロジェクトで献上品そのものも復刻。極細の上品な金無垢フレームは、ほどよい重量感としっとりとした質感があり、無垢ならではの深みのある輝きを放ちます。   またYELLOWS PLUSの鼈甲フレームは、デザイナーの山岸稔明氏が名工房「大澤鼈甲」に制作を依頼したコレクション。これまでの鼈甲フレームのイメージとは大きく異なるシャープでスタイリッシュなデザインです。鼈甲の中でも希少な部位である「黒甲」を使ったContinuer Limited Modelも展開しています。その他多数のラグジュアリーフレームを展開中。   ※こちらでは店舗で取り扱っている商品の一部を掲載しております。お探しのモデルなどが掲載されていない場合などもCONTACTお電話などでお問い合わせください。  
通信販売について

当店では眼鏡やアパレル等の通信販売も承っております。商品ページにある「ADD TO CART」がある場合は、そのままカートに商品を追加してご購入の手続きをお進めください。また、「お問い合わせ」となっている商品に関しては、店頭にて在庫状況を確認の上、担当のスタッフよりご連絡させて頂きます。通信販売や在庫状況の確認ををご希望の方は「お問い合わせ」ボタンよりお問い合わせください。

 

お支払方法や、配送、返品・交換などにつきましては「配送・送料/支払い方法返品・交換について」をご参照ください。

 

なお、WEB上で「SOLD OUT」となっています商品でも店頭ではお取り扱いがある場合がございます。お求めの場合は、ご面倒ですがお問い合わせフォームまたはお電話でご相談ください。

 

*ヴィンテージウォッチは通信販売を行っておりません。何卒ご了承ください。