Luxury Eyewear / ラグジュアリーアイウェア image photo
Luxury Eyewear / ラグジュアリーアイウェア image photo for mobile

Luxury Eyewear / ラグジュアリーアイウェア

コンティニュエでは、厳選された天然素材を使ったフレームや18金を使用した眼鏡フレームも取り扱っています。天然素材や金素材でしか生み出すことのできない繊細で上品な質感が最大の魅力です。 18金フレームは、日本における眼鏡産業の礎を築いた『増永眼鏡』の歴史とプライドが作り出した秀逸なフレームです。18カラットのG.M.S.999シリーズは、1933年9月、昭和天皇が福井県を訪れた際に、記念品として献上されたフレームを元に、増永眼鏡創設100周年を機に現代版としてリメイクしたコレクション。その後のプロジェクトで献上品そのものも復刻。モデル名には純金の品位表示「1000」を元に、オリジナルにどこまでも限りなく近づくという意味を込め「999」と命名されました。現代の最新技術をもってしても再現不可能とまで思われた細さ0.75mmの極細リムの製造に成功しオリジナルを忠実に再現。極細の上品な金無垢フレームは、ほどよい重量感としっとりとした質感があり、無垢ならではの深みのある輝きを放ちます。 YELLOWS PLUSの鼈甲フレームは、デザイナーの山岸稔明氏が名工房「大澤鼈甲」に制作を依頼したコレクション。これまでの鼈甲フレームのイメージとは大きく異なるシャープでスタイリッシュなデザインです。鼈甲の中でも希少な部位である「黒甲」を使ったContinuer Limited Modelも展開しています。 バッファローホーンフレームはドイツのファクトリーブランド【HOFF MANN(ホフマン)】によるコレクションです。天然素材特有の柔らかな色が混ざり合うラミネート生地は絶妙なコントラストが秀逸。色彩感覚に優れたヨーロッパの人々が昔から楽しんでいる贅沢なフレームです。シートメタルフレームの本命【MYKITA(マイキータ)】のバッファローホーンを使用した『LUXE Collection』も同ファクトリーで作り出された繊細かつ上品なフレームです。

Continuer assorts frames that are made with strictly selected natural materials and 18-karat gold frames of spectacles. The fineness and elegance of the feel of the materials that are only possible with natural materials and gold are the most fascinating thing. The 18-karat gold frames are the excellent products that were made by the history and pride of "Masunaga Megane", which laid the foundation of the industry of spectacles. The tortoiseshell frames are the stylish collection by the domestic brand, YELLOWS PLUS, produced by the noted studio, OSAWA BEKKO. The frames of beautiful laminate fabric that are made of buffalo horn are by the German factory brand HOFF MANN.

Brand List