【GLCO】 INTERVIEW / Mr. Garrett Leight

=About JPN Exclusive collection=




2011年にスタートした【GARRETT LEIGHT CALIFORNIA OPTICAL】、略して【GLCO】。デビューから一貫して、ヴィンテージスタイルをデザイナーの感性で、アップデートし、現在のライフスタイルやファッションシーンにバランスよく落とし込まれたアイテムを発表しています。また感度の高いコラボレーションアイテムなども発表し、世界的にも支持を集めています。今回は、「この春夏にぴったりの、日本限定で展開される、アイテムが出来たよ」と、カリフォルニアからニュースが届いたので、デザイナーのGarrett Leight (ギャレット・ライト)本人にwebインタビューを敢行。短い内容ながら、ギャレット本人やGLCOチームが今感じているムードを表れた内容になっています。春夏仕様のペールカラーのサングラスなど、とてもオススメのラインナップが登場しています。ぜひご覧ください。



-----------【Interview】------------


(Continuer) まず改めて伺いますが、【GLCO】はどんなブランド?? 初めてブランドの事を知る人もいると思うので教えてください。


(Garrett) GLCOはベニスビーチ発祥のオーセンティックなカリフォルニアブランドなんだけど、もともとブランドを始めたきっかけは、父がOliver Peoplesの創設者兼クリエイティブディレクターだったラリー・ライトだったこともあり、常にアイウェアが身近にあったことも大きいね。また次世代のための現代のクラシックアイウェアブランドであり、ロサンゼルスの音楽と人々にインスパイアされて、クリエイティブな物作りを行っているんだ。



(Continuer) 確かにLAカルチャーのムードを含んだプロダクトになっていますよね。具体的にはどの部分がプロダクトのデザインに結びついているの??


(Garrett) 全てのモデルの芯金の部分には“90291 VC/CA”という刻印があるんだけど、これは僕の生まれ育ったカリフォルニアのヴェニスの郵便番号を意味しているんだ。あと、全てのフレームはヴェニスビーチの通りの名前になぞらえてモデル名がつけられているよ。例えばKinneyはAbbot Kinney通りから。 あと人物で言えば、The Doorsのジム・モリソンやZ-Boysのジェイ・アダムス、映画『イージー・ライダー』のデニス・ホッパーなどヴェニスを象徴する人物にもインスパイアされているよ。


(Continuer) そういったローカルの濃いカルチャーを反映させつつ、しっかりワールドワイドな視野でブランドを運営してますね。


※2018 Spring & Summer Japan Exclusive Collection


(Continuer) さて、今回改めてギャレットに話を聞こうと思ったきっかけでもある色鮮やかな【GLCO】の「ジャパン・エクスクルーシヴ・コレクション」。こういったアイテムを製作しようと思ったきっかけは??


(Garrett) アイウェアのマーケットにおいて、日本のユーザーはユニークでスペシャルな限定アイテムを望んでいると最近は感じていたんだ。彼らのスタイルを見て感じることは、いつも世界のどこよりも最先端を走っていると思うし、だからこそ僕たちは、日本人のファッショントレンドに対しても提案したいと思ったんだ。そんなことを考えながら、GLCOというブランドが持つ感性や経験をもっと知ってもらう為に、世界の他の国々ではまだあまり見られないような色彩豊かなアイテムを作り出そうと思いつき、出来上がったのがこのコレクションだね。


(Continuer) すごく素敵なカラーリングです。中でも一番お気に入りのデザインはある??


※2018 Spring & Summer Japan Exclusive Mod.WILSON


(Garrett) 「ウィルソン」という、ブランドの中でも定番的なポジションで製作しているオーセンティックなモデルが大好きだよ。今回は特に淡いピンクとライトブルーのレンズカラーが目を引くけど、さりげなくテンプルに施されたアンティーク加工の金メッキなどにもこだわっていて、特に思い入れがあるモデルだね。今回のサングラスも素晴らしい仕上がりになったけど、それは、多くのアイウェアユーザーが好む普遍的でクラシック、現代的でクール、そして時代を超越したデザインになっていると思うんだ。


(Continuer) 確かに「ウィルソン」はクラシックブームに呼応するようにショップでもすごく人気がありました。今回はそんなクラシックな玉型に、モダンで軽やかなカラーが絶妙なバランスで組み合わさっていて目を引きますね。そしてこういったムードはトレンドのひとつでもありますよね。 あとContinuer的にはレンズの縦の距離が浅く、横の距離が長めに設計された、通称”縦浅デザイン”のものも新鮮で印象的だけど、今後のアイウェアトレンドについてはどう思う??


(Garrett) そうだね。今は本当に形と色、そのどちらをとっても以前より”ファンキー”になってきていると思う。エッジの効いた玉型や、鮮明な色のレンズを採用し、よりメッセージ性のあるものが今後必要になってくると感じているよ。 今回のコレクションでもそういった部分の美しいディテールを採用した高品質のメタルデザインがたくさんあるんだ。



(Continuer) アイウェアトレンド的にもやや”攻めた”デザインのものを日常着に”さらり”と合わせるくらいが今クールですよね。最新のルックでもそういったアイテムは見られたし、ギャレット本人もかけているような、少し目尻が上がったシャープなフォルムのサングラスも格好良かった。何よりギャレットに似合っていたね!



(Garrett) 全く違ったスタイルのものを色々身に着けるのが好きなんだ。物凄くファンキーなものとかカラフルなものとか。これってキャラクターを変えるのにとてもいい方法だし、周りから何者だろうと思われ続けることだね!




(Continuer) Continuerのお客様にも色々提案してみますね。ところで今回の「ジャパン・エクスクルーシヴ」は今後も継続して展開するのでしょうか??今回が素晴らしかったから期待してしまうんだけど。


(Garrett) イエス。日本は僕にとって大切なマーケットだし、日本の人々は常にトレンドの先にいるから特別なアイテムを常に求めていると感じるよ。最近は次のシーズンに向けたアイデアに取り掛かっているんだけど、それは「ジャパン・エクスクルーシヴ」になり得るんじゃないかな。


(Continuer) それは楽しみ! その他、今後のプロジェクトでオススメのものを教えてくれる??


(Garrett) すごく楽しみなプロジェクトがあるよ! 父とコラボレーションした ”Mr. Leight”という新しいブランドをリリースしたんだ。 それはクラシックなスタイルと配色をベースに、チタンと貴重な24カラットゴールドプラチナといったハイエンドな材料を使用するなどして、全て日本製。今年はこのブランドを日本の皆様にも紹介出来ることに非常に興奮しているよ。




(Continuer) 新ブランド「Mr.Leight」もコンティニュエでも取扱させてもらっていますが、すごくこだわりが詰まったプロダクトですね。お父さん(ラリー・ライト)も参加しているし、今後も楽しみ! 最後になりますが日本のアイウェアユーザーに一言ください。


(Garrett) 僕は日本のスタイルと文化が大好きだよ! 今旅する世界中の中でも特にお気に入りの国なんだ。 今年は4回日本に行く予定があるし、個人的には地方や田舎ののんびりした風景を見ることが好きだから早く行きたい。 特に、日本の料理は世界一美味しいしね!


(Continuer) 嬉しいです! 今度美味しい日本料理食べに行きましょう。


---------------------------------------

今回ご紹介していますアイテムは現在発売中です。ラインナップは下記URLからもご覧ください。

GLCO】のアイテム一覧はこちら 【Mr.Leight】に関してはこちら