大澤鼈甲 / Continuer

=Collaboration Project=
Limited_for_continuer

-----Collaboration Project Called【 / Continuer】Started-----

15周年を機に新たに立ち上がったプロジェクトが【 /(スラッシュ)コンティニュエ】。本企画は、ブランドの持つスタイルをベースとした所謂“別注”ではなく、様々な“ファクトリー”や“作り手”とモノづくりに踏み込んだ形でコラボレーションを展開していくプロジェクト。記念すべき第一弾は、東京都文京区千駄木に工房を構える【大澤鼈甲】。鼈甲眼鏡の作り手として、日本を代表する工房です。眼鏡の歴史ある素材であり、その光沢と肌にあたる質感が素晴らしい鼈甲素材へのリスペクトから、大澤鼈甲の代表大澤健吾氏に相談。全体のイメージ、玉型、素材の柄の組合せの選択など、ゼロからの製作が始まりました。今回製作されたのは2型は、鼈甲素材のもつ奥深くなめらかな色合い、身につけた際の肌馴染み、存在感、全てを備えたプレシャスなアイウェアです。

鼈甲素材についてはこちら
鼈甲といえば、眼鏡に使われる高級素材のひとつとしても有名だと思いますが、タイマイという海亀の一種の甲羅から作られています。16世紀以降にヨーロッパ各地に普及していった鼈甲細工は、イギリスやフランスの王室でも様々な装飾品として愛用されていました。その後鼈甲細工の技法はポルトガル船が長崎に入港した際に日本に伝わってきたという歴史を持ちますが、近年はその希少性も一段と上がっているということです。その特徴はというと自然な光沢ある艶と色合いが美しく、たんぱく質で出来た良質な天然素材ならではの上質な掛け心地で、コラーゲンを多く含んでいるため、肌触りが柔らかで顔馴染みも良く違和感がないこと。また“一生もの”と言われる所以である、たとえ一部が折れてしまっても新たな鼈甲素材を用いて圧着し、修復が可能なのも鼈甲素材の特徴。そして見た目よりも非常に軽いというのも特筆すべき特徴のひとつです。


<CRW(クラウン)>   _OND2752_re_reBrand : 大澤鼈甲 / Continuer
Model : CRW
Col : 黒並甲
※18K丁番
Price : 600,000yen(Without tax)

_OND2752_re_re


MYKITA_2_2Brand : 大澤鼈甲 / Continuer
Model : CRW
Col : 黒並甲 / 白甲
※18K丁番
Price : 725,000yen(Without tax)

_OND2752_re_re


フレンチヴィンテージを彷彿とさせる、エッジを効かせた上部のラインとブリッジの張り出しが特徴的な「クラウン(CRW)」は、スクエアのラインも出すことでどちらかというと男性的なシェイプに仕上がっています。カラーは黒に近く深い色合いがシックな印象の『黒並甲』と、その「黒並甲」と透明感のある「白甲」と呼ばれる希少な部位を繋ぎ合わせ、2トーンカラーで仕上げた『黒並甲/白甲』の2色展開で登場。そのどちらも鼈甲ならではの存在感に加え、上質で滑らかな風合いを併せ持ったオリジナリティあるフレームに。またフロントとテンプルを繋ぐ丁番には18Kを採用し、全体をまとめています。


<PNT(パント)>   _OND2752_re_reBrand : 大澤鼈甲 / Continuer
Model : PNT
Col : 茨甲エックス
※18K丁番
Price : 720,000yen(Without tax)

_OND2752_re_re


_OND2752_re_reBrand : 大澤鼈甲 / Continuer
Model : PNT
Col : 黒並甲
※18K丁番
Price : 540,000yen(Without tax)

男性だけでなく女性にも身に付けていただきたいという思いから目尻のラインに抑揚をつけることで特徴を出した「パント(PNT)」も2色にて展開。こちらは女性にも馴染みやすく、肌に明るさを加える『茨甲エックス』と、「CRW(クラウン)」同様シックな艶感とオーセンティックさを放つ『黒並甲』。こちらも丁番は18金で仕上げられ高級感を漂わせます。

天然素材ゆえ、掛け続けることでより馴染みを増していくのが鼈甲素材のアイウェア。その見た目以上に重量は軽く高いフィット感も実現しています。コンティニュエでも継続しているプレシャス素材のアイテムたち。中でも鼈甲素材のアイウェアは継続してお薦めしています。ぜひ一度お試しいただきたい逸品です。





その他の鼈甲コレクションはこちら

商品に関するお問い合わせは、WEBサイト内の [contact us]またはお電話にてお問い合わせ下さい。